Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/mexpiramide.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
スキミングって何?どんなクレジットカードを選べば良いの? | 金利のお得なキャッシング情報!【マネー男爵】

スキミング?クレジットカード大丈夫?

スキミングって何?どんなクレジットカードを選べば良いの?

皆さんは、クレジットカードをお持ちですか?今の世の中、クレジットカードが無いと困ることが意外と多いですよね。買い物だったり、旅行だったり、クレジットカードを使う場面は、パッと思いつくだけでもキリが無いほどです。

普段の生活で、あまり意識せずに何気なく使っているクレジットカード、最近このクレジットカードに関する犯罪が増えてきているのを皆さんはご存知でしょうか。その犯罪の名前は、“スキミング”。皆さんも、知らない内に巻き込まれているかもしれません。スキミングとは何か?スキミングを防ぐ方法は無いのか?一緒に見ていきましょう。

“スキミング”、あまり耳なれない言葉かも知れません。スキミングとは、英語のSkimmingから名付けられたもので、日本語訳では、“すくい取る”と言う意味の言葉です。文字通り、クレジットカードの裏面にある磁気テープ(黒くて太い線状の部分)に保存されている情報(カード番号や暗証番号など)を“スキマー”と呼ばれる機械を使ってすくい取って、現金を引き出したり、買い物をしたりする犯罪です。

スキマーにはいくつか種類があり、実際にクレジットカードを通して情報をすくい取るものや、クレジットカードを通す機械の内部に設置して情報をすくい取るもの、非接触でかざすだけでカード情報をすくい取るものなど様々です。実際にクレジットカードを使った際に、その場所でスキミング被害にあうケースが一番多いですが、満員電車などの込み合った空間で非接触型スキマーを使ってスキミングされることもあるので要注意です。上着の胸ポケットに財布を入れておいた場合など、上着の上からスキマーをかざされただけでもスキミングされてしまいますよ。

このようにスキミング被害で一番厄介なのは、スキミングされていることに気付かないことです。自分の知らない間にクレジットカード情報がすくい取られてしまうので、被害に合う前に気付くことは不可能と言っても良いでしょう。実際に被害にあっても気付かない人もたくさんいるので、利用明細は細目にチェックすることをオススメします。

このようなスキミングに合わないようにするためには、日頃からクレジットカードを持ち歩かない、使わないようにするのが一番良い方法ですが、それでは、せっかくのクレジットカードの意味がありません。ですから、持ち歩く場合は必要最低限の枚数で、使用するときも店員の行動に不審な点が無いかチェックをするようにしましょう。カードを裏に持っていったり、何か違い機械に通そうとしたり、そんな行動を見つけた時は要注意です。あとは、暗証番号を細目に変えたり、ICカードへ切り替えたりと、何重にも対策をとることで、被害に合う確率も下がりますので実践してみて下さい。

スキミングは、皆さんの知らない間に行われ、被害はどんどん増えていっています。被害に合わないようにするためには、自分たちで対策する以外にありません。便利なクレジットカードを安心して利用出来るようにするために、しっかり対策してスキミングに合わないように気を付けましょう。